部下を持つ上司、リーダーの皆様

「リモートワークでのマネジメントはいかがですか?」

リモートワークで人材発見ができるかも

突然やって来たコロナウイルス

本当に驚きました

そして感染拡大防止策としてのリモートワーク

「やってみれば案外とできるもんだ」

という一方で

「普段の通りには行かないことも多い」

と感じられている方も多いのではないでしょうか?

リモートワークをプラスに捉えるという点で

最近、幾つかのポイントが見えてきたように感じます

主体性の差

リモート研修でグループワークや個別セッションをすると

明らかに発言回数やコメント内容に差が出ます

1.通常と変わらない発言、コメントをする人

2.リモートだから、むしろ発言が増える人

3.発言しないか曖昧なコメントに終わる人

この差は何処からやって来るのか?

”管理”という目が行き届かない状態での

仕事に対する責任感の差から来るように感じます

リモートだと個人に任せる範囲が大幅に増えます

例:何時から仕事を始めるか

例:一日どれぐらい働くか

普段はなかなか見えたい仕事への責任感

まさに、自分で考える行動する”主体性”の存在

それを知るいい機会なのかもしれません

人的ネットワーク

リモートでは様々なオンラインシステムを使います

オンラインビデオ通話がその代表ですね

このビデオ通話で誰とつながっているのか?

ここにその人の人脈の差が出ています

1.社内外の多くの人と定期的に通話する人

2.社内の人達とだけ通話する人

3.社内でも同僚や同期とだけ通話する人

この中で

社外、特に取引先との連絡をしなくなる人が居ます

「訪問禁止だから」

「メールで見積もりを提出するルールだから」

それで問題が起きない人は

逆に取引先からその程度の存在と見られていた可能性があります

社内の同期同士でオンライン飲み会ばかりしている人もいれば

得意先とじっくりと活動再開後の作戦を会話している人も居ます

これまでの仕事で、どんな人的ネットワークを作って来たか

1.人的ネットワークの広がり=話す相手

2.人的ネット―ワークの深さ=話す内容

この差がリモートワークでの仕事の成果に出ているように思います

よい機会が来た

個人的には、とても良い機会が来た

そう感じています

ここ数年は”主体性”とか”自主性”が組織内で

強く求められ始めていましたが現実にはまだまだでした

でも、リモートワークは”主体性”そのもののような気がします

主体性とは?

「自分で考えて、判断する範囲を広げていくチカラ」

のことだと認識をしています

例:上司の立場になって考えて判断する

例:他部署の立場になって考えて判断する

自分の責任範囲に留まる人に”主体性”は生まれないと思います

そう考えると

リモートワークで成果を出し生き生きと仕事をしている人

この人達が”主体性”を発揮している人達です

今後、期待すべき人材ということではないでしょうか?

もしかしたら普段とは違う評価になるかもしれません

リモートワークを人材発見の良い機会にしてみる

そんな前向きな考えも必要なのではないでしょうか

 

本日も最後までお付き合いをいただき

「ありがとうございました」

 

Print Friendly, PDF & Email