あと一息でコロナウイルス騒動も乗り切れるかもしれない

そんな段階に入りましたね

今回のコロナウイルスで起きた事と言えば

数か月前には想定していなかったリモートワーク

うまくできる人とうまくできない人の差

結構感じられた方も多いのではないでしょうか

これを別の言い方で表現すると

「考える事が出来る人」

「考える事が出来ない人」

の差であると思います

自分で「考える事が出来る」人材が求められる

見分け方

まず最初は

「考えている人」と「考えていない人」

の見分け方ですね

その方法は

★アウトプット物の中身で見極める

これでほぼ確実にできると思います

例えばメールの文章や報告書

①「考えている人」の表現

・結論が必ず存在している

・自分の意見や考えを伝えようとしている

・自分が何をするかが必ず記載されている

②「考えていない人」の表現

・結論がはっきりとしない

・だれかのせいにする他責の表現が多い

・他人への要求や会社への要望ばかり

こんな感じで差が出るので分かりやすいと思います

考える理由

人はなぜ考えるか?

「自分はどうすべきかを決断するため」

ですね

だから「考えている人」の表現には

自分が”主語”になった文章が多くなります

逆に「考えていない」人は何をしているのか?

自分を守るための言い訳を探している

そんな感じではないでしょうか?

考えているようで実は考えていないという事ですね

考えてもらうためには?

では考えてもらうにはどうすれば良いか?

★意見やアイデアを求める

例:「あなたの考えを教えて欲しい」

例:「あなたは何をするの」

例:「あなたのアイデアを聞きたい」

この問いに答えるためには考えるしかありません

これを繰り返していれば

その内自分から考えるようになります

 

ただし忍耐は必要ですね

人は急には変わらないし成長しませんから

最初のうちは

例:「いや、わからないです」

例:「それを教えて欲しいんです」

こんなコメントが返ってくかもしれません

でも気にしないでください

例:「そうか、じゃあ後でまた聞くからね」

例:「考えておいてね」

といって一旦その場は終わりにする

そしてあまり時間を置かずにまた問いかける

相手が嫌そうな顔をしても

笑顔で好奇心を持って問いかけ続ける

そうするとその内何か言ってくれるようになります

それまでは忍耐強く問いかけ続けるしかないですね

 

それから

最初の内の意見やアイデアは

どんな内容でもありがたく受け止めて下さいね

急にすばらしいアイデアなんて出てきません

繰返し考えている中でふと浮かぶのがアイデアです

やさしく、長い目で期待してあげてください

 

リモートワークに求められるのは

自分で「考えることが出来る」人材です

意見やアイデアを求め続けることで

そうした人材に人を育成することは可能です

粘り強く問いかけて

「考える事が出来る」人材を増やしてください

 

本日も最後までお付き合いいただき

「ありがとうございました」

 

 

 

Print Friendly, PDF & Email