本日のコーチング的お奨め行動

1.部下の「感情」を知る

(問い)「今、どんな気分なの?」

(問い)「今朝の調子はどうだい?」

(問い)「今、どんなことが気になっているの?」

部下の「感情」を知ることで、職場全体のパフォーマンスを高めることができます。

人は「感情」が優先する

仕事だとついつい論理性を重視しがちになります。

しかし、そもそも人は「感情」を持つから人なんです。

職場で働く社員も全員が「感情」を持っています。

だから、職場の上司・リーダーは部下の「感情」を知る必要があります。

 

・人は「感情」で「意思決定」します

・人の「感情」は常に変化します

 

自分の部下は今どんな「感情」に囚われているのかを知らないと

期待したパフォーマンスを発揮してもらえません。

(例)部下が落ち込んでいるなら、まず話しを聞いてあげる

(例)部下がやる気になっていたら難しい仕事を頼む

 

部下が仕事に集中できるような「感情」を持てるよう関わる

これが上司・リーダーに求められるスキルです。

 

(NG)部下の「感情」に配慮せず一方的に指示を出す

(NG)元気のない部下に怒りを覚え無視する

(NG)泣き言を言う部下を厳しく叱責する

 

人は常に強い気持ちではいられません。

上司・リーダーだって泣き言や言い訳をすることはあるはずです。

だから部下の言い訳、泣き言には耳を傾け、どうしたら前向きになれるかを一緒に考えてあげないといけません。

時代は創意工夫と挑戦が求めらるように変化しました。

クリエイティブでアグレッシブな行動は前向きな「感情」からしかうまれません。

上司・リーダーの仕事は「業務マネジメント」から「感情マネジメント」へ変化しています。

人の「感情」を扱うスキルが求められているんです。

 

この時期は様々な「感情」が職場内で入り乱れます。

まずは

部下の「感情」が今どのような状態かを知ることから一日を始めてみてください。

きっと部下からの信頼度が高まります。

 

本日も最後までお付き合いいただき

「ありがとうございました」

 

 

 

Print Friendly