上司・リーダーの皆様!

「そんなの当たり前」

「そんなの常識だよ」

って無意識に言っていることはありませんか?

 

もし使っているとしたら、職場での「変革」「挑戦」「主体性」は期待できないかもしれません。

なぜなら

「正解は最初から用意されている」

「100点満点を目指せ」

と言っているのと同じだからです。

仕事が学校の授業と同じ考え方で行われている状態です。

test

仕事は学校でのテストとは違います。事前に答えは用意されていないし、難点満点かも分かりません。やってみるしかないのが仕事です

都合の良い逃げ道

「常識」や「当たり前」という言葉が持つ特徴は

・見て確認することができない

という点です。”常識の一覧表”や”当たり前リスト”が存在する職場なんて無いです。

 

では、人はどんな時に「常識」や「当たり前」という言葉を使うのでしょうか?

・自分以外のチカラを当てにしたい時

自分の言葉で相手を説得仕切れないと感じた瞬間に

「それは常識なんだよ」

「当たり前のことじゃないか」

って言ってしまうのではないでしょうか?

周囲のチカラを利用して何とかしようとしています。

 

「変革」の反対が「常識」「当たり前」

もし職場で「変革」という言葉が使われているのに、同時に「常識」「当たり前」も使われているとしたら、その職場には一貫性が存在しません。矛盾と混沌が蔓延した働きづらい職場になっています。

 

「変革」とは

・今までの「やり方」や「考え方」を根本的に変えること

・同じものを全く違う視点から見ることです。

「常識」を疑い、「当たり前」を排除することによって加速するのが「変革」です。

 

「変革」と「常識」「当たり前」が混在している状況であるならば、一度立ち止まって本当に大切にするこは何か?ついて真剣に考える必要があると思います。

恐らく部下の皆さんは疑心暗鬼になっているでしょう。

方向性を見失っている可能性もあります。

最悪の場合、仕事に対して熱意を失っているかもしれません。

更にもっと恐いのは上司・リーダーを信頼しなくなっていることです。

「変革」は自分との戦い

「変革」に向けて「常識」を疑い「当たり前」を排除するとは何をすることか?

・自分との戦いに勝つこと

 

では自分の何と戦うのか?

・過去に甘えようとする自分

 

過去を利用できるほど楽なことはありません。

結果を知っているからです。どうしたらどうなったかを説明できるからです。

 

一方で「新しい提案」は上司・リーダーに恐怖を与えます。

結果が見えない。

でも結果への責任は取らなくてはいけない。

失敗したらマイナス評価を受けることになる。

この恐怖から身を守るために「常識」だとか「当たり前」という言葉を使ってしまうのではないでしょうか?

 

ただ、現実には「新しい提案」も「常識」、「当たり前」も結果が見えないのは同じだと思います。

これが多様化と変化のスピードが速い今の時代の特徴だからです。

昨日の「常識」が今日の「非常識」になっても不思議じゃない時代ということです。

 

上司・リーダーの皆様!

「変革」とその実現のための「挑戦」を部下に期待するのならば

自分の辞書から「常識」や「当たり前」という言葉を消してください。

 

そして次の言葉を口癖にしてください

「何事もやってみないと分からない」

 

これが「主体性」に溢れた働きやすい職場を作るキーワードです。

 

本日も最後までお付き合いいただきまして

「ありがとうございました」

 

Print Friendly