職場にコーチングを導入しようとされている皆様へ!

本日のコーチングポイント

1.意識して「ありがとう」と言う

意識して「ありがとう」と言うことで部下と対等な関係を築くことができる

 

感謝の言葉が習慣を変える

コーチングセッションをしていて現状から変われない人の共通点を見つけました

 

「部下に感謝の言葉を掛けれない」

 

こういう特徴を持った上司・リーダーの皆様の考え方として

「感謝は権力の失墜につながる」

「感謝は上司の敗北を意味する」

「感謝は部下を調子づかせる」

つまりは”自己保身”の意識が強すぎるから言葉にできないのだと思います。

 

こうした方々がコーチングを実践するとほぼ100%こんな感じになります

「部下の話しを遮る」

「イライラした態度を取る」

「答えを押し付ける」

「強制する」

「反省させる」

これではコーチングセッションは部下の皆様にとって恐怖の時間になってしまいます。

 

こうならないための解決策が

 

「意識して感謝の言葉を口にする」

 

人間は感謝するとお返しをしたくなるように思考回路ができています。

「返報性の法則」です

これを活用して部下に感謝することで部下のために何かをしたくなる意識を作るのが目的です。

そうすることで強すぎる職場での”自己防衛本能”を弱めていくことができます。

 

最初は心から感謝できなくても大丈夫です

言葉して

「ありがとう」と言う

この実践をするだけで大丈夫です。

やがて無意識の脳が「ありがとう」の後の行動を考えるようになります。

そうすると

「部下の話しが聞いてみたくなる」

「部下の考えを知りたい」

「部下の成長を支援したい」

と自然に思えるようになります。

 

コーチング踏み込んだ対話をするためには対等な関係が欠かせません

そのためには上司が権力や優位性を横に置くスキルが必要になります。

「ありがとう」と言う

はそのスキルを習得するためのトレーニングとして有効です。

 

明日から一回でも多く「ありがとう」と言ってみてください

自然と部下に対する意識が変化していきます。

コーチングで深く踏み込むのはそれからです。

 

本日も最後までお付き合いいただき

「ありがとうございました」

 

 

Print Friendly