台風で被害を受けられた皆様にお見舞い申し上げます!

ここ数日の台風に関する報道を見ていて

強く感じたことがあります

「何が事実なの?」

「何を基準に判断しているの?」

「事実」と「判断(評価)」が一緒になっていると

認識の個人差があって「誤解」や「勘違い」を引き起こします

これ、職場でも毎日起きているんじゃないでしょうか?

事実と判断(評価)は分けましょう

「何が事実」なのか

「事実」とは起きた事そのものです

良いとか悪いとかは抜きにして起きた事です

この事実だけを客観的に共通認識するのが難しいんです

なぜなら

人は「感情」を持って事実を認識してしまうからです

例:「大変だなあ」

例:「前回の台風より酷いんじゃないか」

など個人差のある「感情的判断」を使うんですね

これ自体は自然に起きることですが

仕事では「誤解」や「勘違い」の原因になります

みんなが同じ「感情」を持っているわけではないからです

まずは「事実」だけを客観的に共有することが大事です

例:売上達成率が99%だったという事実

例:売上前年比が101%だったという事実

これらの数字をどう判断してどう評価するか?

それは別の手順にすることです

「判断(評価)の基準」を合意する

「判断(評価)」する時に大事な事は

「全員が同じ判断基準を持つこと」

なんですね。

例:目標売上に対する達成率

例:売上前年比105%

などですね

仮に売上前年比が101%だったなら

これ自体は事実です

では売上前年比101%をどう評価するのか?

例:目標が105%であれば未達成という判断です

例:目標が100%であれば達成です

「判断基準」が違えば判断の結果(評価)は

同じ事実であっても変わっていくのです

だから

「判断基準」を全員で共有することが大事なんです

 

「起きた事実は何なのか?」

「何を基準に判断(評価)しているのか?」

この2段階に明確に分けて議論すると

仕事のの生産性は大きく改善します

なぜなら

「誤解」や「勘違い」という仕事の無駄やミス

の原因を減らすことが出来るからです

是非、分けて下さい

 

本日も最後までお付き合いいただきまして

「ありがとうございました」

 

Print Friendly