突然の事で驚きましたが

嵐が”活動休止”を発表しましたね

昨晩の我が家は夜になって大騒ぎでした

2年後ですが嵐の5人がテレビに映らない日が来る

今のところあまりイメージできないです。

言葉を選ぶ習慣を持つことは大切です

言葉が場を壊す

記者会見での5人の姿勢は素晴らしかった

と思う一方で質問する側に残念さを感じました

「無責任だと言う人もいると思いますが?」

”無責任”という言葉を使った質問が出た瞬間

会場の空気が一変するのをテレビを通してでも

感じ取ることができました

さらに”人もいる”と他人に責任を転嫁するような

言い方も更に嫌な雰囲気を増長したと思います

せめて「自分は無責任だと思う」と言って欲しかったですね

質問した人は、それまでの5人の話しを聞いて

その姿勢を良く観察したうえで聞いたのか?

そんな疑問が湧くくらいに驚いた質問でした

もっと正確に表現すると

「無責任」という言葉を使ったことへ驚きでした

たった一つの言葉で場を壊す

そんなことを感じました

言葉の意味は受け手が決める

常日頃から意識しておくべき事は

「言葉の意味をどう取るかは受け手が決める」

ということですね

例:そんなつもりで言った覚えはない

例:その言葉にそんな意図はない

発言の後で良く耳にすることばですよね

発言をする時にはついつい自分の都合で

言葉を選んでしまいがちですが

うまく相手に伝わらなかったら意味が無いので

発言での言葉選びは大事だし

「相手にどう伝わるのだろうか?」

と自問する意識をいつも持つことは大切だと思います

時に何げなく発した一言で

取り返しがつかない状況になることもあります

後悔してしまうこともあります

いかなる理由があろうとも

いかなる状況にあろうとも

発言をする時に

「言葉を選ぶ」

という事を忘れないようにしたいですね

 

Print Friendly