社会人としてのキャリアについて考えている皆様!

「仕事に求めるのは何でしょうか?」

「『安定』でしょうか『自由』でしょうか?」

仕事に求めるのは「安定」か「自由」か?

どんな働き方が自分にあっているのか?

そこを自己認識するためのキーワードが

「安定」と「自由」だと思います

キャリアについてのコーチングをする中で

大事だと感じた2つの言葉です

「永年勤続がもたらす安定」

仕事に対して様々な安定を求めるなら

キーワードは

「永年勤続」

つまり

一つの会社に可能な限り勤め続ける事です

例:収入の安定

例:仕事内容の安定

例:人間関係の安定

など仕事は常に安定している事を望む

そういうタイプの人はたくさんいます

自分自身とよく対話をして

この「安定」を求める人は基本的に

今の職場・会社でのキャリアを考えることを

ベースにコーチングさせていただいています

 

このタイプの人にとって大事な事は

「できるだけ先まで将来が見通せている」

そう感じられる事だと思います

転職・独立・起業へのあこがれを持ったとしても

初期段階の不安定さに耐えられないケースが多いです

自分の「価値観」を偽らないことがポイントです

「安定」を求めるならその気持ちに従う方が

結果的には充実した人生を送れると思います

「選択がもたららす自由」

仕事に対して自由を求めるなら

キーワードは

「仕事を自由に選択する」

つまり

自分がやりたいという事を仕事にすることです

例:やりたい事だけやる自由

例:働き方を決めれる自由

例:収入に合った暮らしをする自由

など何かに縛られず自分の意志に従う

そしてその結果を全面的に受け入れられる

こういうタイプの人は自分の意志に従うのが

仕事をするうえで大事だと思います

安定した収入よりやりたい事をやっている事に

充実感を感じることができるのがこのタイプの人です

収入が少なくても、将来が見通せなくても

そうした状況を楽観的に受け留め楽しめる

そんな「安定より自由」という価値観を持った人には

何事も自分で決めることを前提としたコーチングをします

毎日が安定している事はこのタイプの人にとっては

何の魅力も感じないことですから

ましてや人からの指示や命令に従う事には

常に疑問を感じるタイプです

組織文化に染まる事はできないんですね

仕事に求める「価値観」に従うべき

人は「価値観」を持って生きています

「価値観」とはほぼ変えられない拘りの事です

仕事に対しても誰もが「価値観」を持っています

自分が仕事に対してどんな「価値観」を持っているのか?

これを自分に問いかけて発見することがとても大事です

周囲に影響されたり、憧れで仕事を選ぶと失敗します

自分の仕事に対する「価値観」に従うことが

充実した社会人人生を歩むうえでは大切だと思います

自分が納得できていればそれが一番です

世の中の風潮や周囲の影響に流されず

自分の「価値観」にあった仕事の選び方をする

そんな時代なのではないでしょうか

 

本日も最後までお付き合いいただき

「ありがとうございました」

 

Print Friendly