部下を持つ上司・リーダーの皆様!

「変わるとはどうすることでしょうか?」

確かに時代は変わっています

仕事のやり方も変える必要があると思います

だからこそ

「変わる」という事を正しく認識することは

とても大事だと思います

「変わる」とは「別人」になることではなく「自分の中身を入れ替える」ということ

「別人になる事じゃない」

まず最初に認識すべき大事な事は

「変わるとは別人になることではない」

ということです

例:急にやさしくなる

例:突然怒らなくなる

例:何も指示をしなくなる

これらは無理やり自分を抑えつける変化です

本質的には変わっていないけど

”我慢”をしてやらないようにする行為です

これらは「別人」になろうとすることから起こります

人は急には変われないし別の人間にもなれません

まず大切なことは

「変わることは別人になる事ではない」

と認識することです

「中身を入れ替えていく」

では人が「変わる」とはどうなることか?

「自分の中身を入れ替えていく」

これが「変わる」ことだと思います

1.何かを「手放す」か「仕舞い込む」

2・新たな何かを「取り入れる」

この出し入れによって起こる違いが「変わる」

ということになります

例:いきなり命令するのは止めよう

例:替わりにまずは話しを聞こう

こうした入替えが人の「変化」として

周囲から認識されていくのです

ということは

少しずつ変わっていくのが正解です

1個手放して1個取入れる

この繰り返しで気付けば随分と変わっていた

これが「変わる」ということだと思います

「出し入れのバランスを取ること」

「変わる」とは「別人になること」ではありません

少しずつ自分の中身を入れ替えていくことです

この時大事なのが「バランス」だと思います

例:1個手放して3個取入れる

例:3個手放して1個取入れる

どちらも入替えのバランスが取れていません

こういうことをしてしまうと

例:慣れない事が多すぎてストレスになる

例:止めた事が多過ぎて自分らしさを失う

など不具合が発生して良い方向に進まなくなります

手放す事と取入れる事の数を合わせるのが大事です

「~の替わりに~をすることにする」

この1対1の入替えがうまく「変わる」コツだと思います

人は「自分らしさ」を持っています

長年の経験と努力で手に入れた「個性」「強み」「弱み」です

急には手放せません

だから1つずつ入れ替えていくことが大事だと思います

「変わらなきゃいけない」

という言葉に強く反応し過ぎて

「丸っきり別人なることを目指す」

のだけは止めて下さい、辛い思いをします

「変わるとは入れ替えていくこと」

この認識がとても大事だと思います

 

本日も最後までお付き合いいただき

「ありがとうございました」

 

Print Friendly