部下を持つ上司・リーダーの皆様!

(問)「部下の考えを聞けてますか?」

部下の育成は極めて重要なテーマです

でも本当にうまくできてるでしょうか?

せっかく部下が真剣に考えているのに、先回りして答えを押し鶴と部下は成長しません

考えないと成長できない

企業の活動はスピードが増してます

成果を出すための猶予も短縮されてます

こうした状況で起きている不具合

それが

 

「部下の育成まで急いでしまう」

 

人の成長には個人差があります

何をできるようになるかでも違います

でも上司は会社からせかされています

そこで何が起きるかというと

 

「部下の代わりに全部考えてしまう」

「上司が答えを見つけ部下は従うだけ」

 

これ現実に本当によく起きることです

とある管理職研修で

部下との1対1面談のトレーニングをしました

始まる前は多くの管理職の方が

「部下の考えをしっかり引き出したい」

こう言っていたのに

いざ始まるとどうなったかというと

(例)「それはこういうことだろ」

(例)「こうするという事でいいだろ」

(例)「みんなこうやってるよ」

部下が結論を出す前に

管理職の方がどんどん話しを進めてしまいます

 

なぜこうなるのか

Aパターン:部下への親切心から

Bパターン:自己アピールのため

だいたいこのどちらかです

 

部下を大切に思い苦労させたくない管理職

こういう人はAパターンで過保護になります

 

出世欲が強く親分肌の管理職

こういう人はBパターンで主導権を持っていきます

 

どちらも部下育成においては

改善をした方が良いと思います

なぜなら

成長おいて大切な事は

1.自分で考える事

2.自分が実際にやってみる事

これが最も効果的だと思います

上司は相談されたら相談に乗る

それでも

最終判断は部下にさせる

アイデアや選択肢は提供するが

結論は提供しない

これが大変なんですがとても大事です

 

「自分で考えて行動できる人」

 

これこそが多くの会社が求めている

優秀な人材の本質じゃないでしょうか

だから考えてもらう必要があるんです

上司は黙っておく必要があるんです

 

部下を信じることができるか?

部下に期待をすることができるか?

部下に機会を提供し続けられるか?

部下を支援し続けられるか?

 

人材育成に必要なのは

「十分な時間」

だと思います

部下の先回りをして

答えを提供することは控えませんか

 

本日も最後までお付き合いいただき

「ありがとうございました」

 

Print Friendly