部下を持つ上司・リーダーの皆様!

(問)「仕事をどのように部下に任せていますか?」

(問)「どこまで指示しどこから任せてますか?」

部下の仕事を任せる時の任せ方はとても大事です

部下の主体性を高めていくための任せ方について考えてみます

仕事を任せる段階

仕事の任せ方を”リリースポイント”と呼んでいます

どのような形で仕事を任せるかの

1.任せ方

2.任せた後の関わり方です

どこまで任せ、どう関わるのか。仕事を任せる前に上司と部下の間での合意が大切です

個人的には5段階に分けています

レベル5:最初から最後まで任せ一切口出ししない

レベル4:進捗報告だけはするよう求める

レベル3:常に報告は求めるが気になる事に質問だけする

レベル2:常に報告を求めやるべき事に対して選択肢を与える

レベル1:全て指示をして行動を管理する

 

この”リリースポイント”はすごく重要な事ですが曖昧にされています

ここを上司と部下で合意しておかないと誤解が発生します

部下はどこまで任され何を上司にレポートすべきか判断を迷うからです

 

例えば”レベル5”は本当の意味での「任せる」状態です

一度この任せ方で上司と部下が合意したら上司は口出し厳禁です

結果がどうなろうとも部下を信じて見守るだけです

 

1.部下にどこまで任せるのか

2.上司にどの程度報告をすべきか

3.上司が部下にどのように関わるのか

この3つを任せる前にしっかりと合意することが大切です

どの段階から始めるか?

部下に仕事を任せていく時にどの段階から始めるか?

ご相談を受けた時には”レベル3”か”レベル2”をお奨めしています

 

”レベル3”は報告を受け気になる点に対して質問をします

例:「これで目標の利益が達成できる理由は?」

例:「キーマンの〇〇さんにはどう提案するの?」

など意思決定をするうえで見落としてほしくない点について

質問をすることで気付いてもらうというやり方です

大事なポイントは上司が押えますが”考えて””判断”するのは部下です

 

”レベル2”では報告後に次の打ち手に上司が選択肢を与えます

例:「自分ならA案、B案、C案を検討するだろうな」

例:「A案はこんな打ち手」

例:「B案はこんな打ち手」

例:「C案はこんな打ち手」

例:「どうするかは自分で決めなさい」

このように”考える”ところで助け舟を出す状態です

ヒトは出来ない事は出来ないので部下の報告を聞いて

全部自分で考えるのは無理だと判断した時に取る上司の行動です

ただし、決める事までやってしまうと主体性を奪うことになります

自分で決めることで結果への責任感は醸成していきます

 

このように

仕事を任せる時には

”リリースポイント”を決め部下と合意する

これがとても大事です

部下の能力や個性をよく見てどのレベルで任せるか

ここをうまくやれるのが”できる上司”です

介入し過ぎずない

でもできない状態で無責任に任せることもしない

仕事の任せ方こそ優れたリーダーの能力だと思います

 

本日も最後までお付き合いいただき

「ありがとうございました」

 

 

Print Friendly