上司・リーダーの皆様!

「どんな職場の風土を作っていますか?」

職場風土は上司・リーダーの日々の振る舞いによって作られるものです

職場風土は上司・リーダーの日々の振る舞いによって作られるモノだということを知っていますか?

この事実は意外と知られていないようです

社風と職場風土は別物

「職場風土」の大切さを改めて実感する出来事がありました

とあるガソリンスタンドを経営している会社さんでの出来事です

実績が伸びない店舗を担当する店長さんは悩んでいました

「セルフ給油が主体の時代にお客さんをどうやって増やせばいいのか?」

「社員は殆ど事務所の中にいてお客さんの給油する姿を見ているだけ」

「日に日に職場の人間関係が悪くなっていくのを感じる」

セルフ給油は意外にガソリンスタンドにおける職場環境を変えるんですね。

 

さてこの店長さんは何をしたか?

「職場の空気を変えることはできるはず」

「誰もちゃんと話しをしない気がする」

ということで

とにかく毎日、ちょっと気になる事があれば社員に声をかけるようにしました

(店長)「〇〇さん、何か気にある事でもあるの?」

(〇〇さん)「いえ、別にありません」

最初はこんな感じでした。

ただこの店長さんは声掛けを続けました

決して社員に答えを求めることはしません

(店長)「何かあればいつでも言ってね」

この一言で終わりにしていました

 

こんなことを続けて2か月目ぐらいから変化が起きてきました

「社員が店の問題点や改善策を口にしてくれるようになった」

店長さんはとても嬉しそうに話してくれました

確かにセルフ給油主体の店舗ですがいくつかのサービスメニューが増えていました

社員の皆さんが考えたアイデアだそうです

提供するサービスが変わると不思議なことにお客さんの数は増え始めたそうです

今では成績上位に毎月入る繁盛店になっています

 

店長さんは言っていました

「職場の空気を変えれば社員も変わる」

「社員が変われば業績も変わる」

「何よりも店長である自分が変わった」

「職場は店長次第でかわるんですよね」

まさに「職場風土」を変えた事例でした

 

業績を伸ばしたければ

社員にもっと積極的になってもらいたければ

「職場風土」を変える必要があります

そして

「職場風土」を変えるのは上司・リーダーの振る舞いによってです

先ほど店長さんがそれを証明してくれています

 

部下に「変われ」と指示するのではなく

「変わって欲しい状態」になるような「職場風土」を作る

そのために上司・リーダーがまず変わって見せる

これが成功のセオリーなんだと改めて感じました

 

職場は変われます

上司・リーダーが変わる事ができれば

 

本日も最後までお付き合いいただき

「ありがとうございました」

 

Print Friendly