「自己肯定感」という言葉をご存知ですか?

自己肯定感とは、自分のあり方を積極的に評価できる感情、自らの価値や存在意義を肯定できる感情などを意味する言葉です。
(出典 実用日本語表現辞典)

「自分で自分の存在価値を認めることができる」

「自分に対して自信を持つことができる」

このような状態になっている事です

自分に存在価値を感じるためには行動して、行動したした自分を褒めることが一番

自己肯定感は仕事に欠かせない

職場で仕事をする時に何よりも大事な事

それは

「自分はこの職場に欠かせない存在である」

「自分はこの職場に求められている」

「自分はこの職場に貢献できる」

こういう気持ちになることです

 

分からないことは教えてもらえば大丈夫です

経験不足はやがて解消されます

やれば必ず成長できます

 

ただ問題なのが「やる気」になれない事です

更に言うと仕事に対して「本気」になれない

「全力」で仕事に取組めない

そんな人が増えているように感じます

 

自信の無い人が良い仕事をするとは考えにくいです

自信の無い人に仕事は頼みずらいです

だから仕事において自信は欠かせない要素です

でも自信が無い人がたくさん居る

「自己肯定感」が下がってしまっているということです

これはまずい事だと思います

自己肯定感は教えられない

「自己肯定感」つまりは仕事に対する自信のやっかいな点

それは

教えることができないという事です

(例)「もっと『事項肯定感』を高めない」

こんな事言われてもどうしていいか分からないですね

言う人もいないと思います

「自己肯定感」は自分で高めないといけないモノです

 

ではどうやって高めれば良いのか?

1.自分を毎日褒める

2.自分に個性を文字にする

この二つでかなり高められます

 

職場でのコーチングではかなり大事な要素です

やらないコーチが多いですが

組織の中にいると個性が出しずらいです

職場環境に自分を合わせる事にチカラを注いでしまいます

無理やり自分を抑え込むために言いたい事を言わなくなります

やりたい事や自分流にやり方をしなくなります

そうした自分に疑問を感じ始めます

そして自分の個性を出せせないことを「弱い」と感じ始めます

「弱い」自分に「自信」をもてなっていきます

 

だからこの逆をやらないといけないんです

・自分の思ったことを言葉にする

・自分のやり方をやってみる

こうした行動を増やしていくことで初めて「自信」が戻ってきます

行動なくして自信を取り戻す事できません

本当に小さな誰にも気づかれない行動でいいです

自分の思った通りに行動をしてください

そして、そういた自分を自分で全力で誉めてください

そうしているうちに自己肯定感」が高まります

そうすると目の前の困難にも前向きになれます

 

仕事に「自己肯定感」≒「自信」は欠かせません

「自己肯定感」は人から言われるだけでは高められません

小さな行動で良いので自分の思い通りの行動をしてください

その勇気ある行動を自分で誉めてください

やがて「自己肯定感」が自分の中で高まり始めます

 

自分の存在価値を自分で認めること

自分に自信を持つこと

本当に大切なことだと思います

 

本日も最後までお付き合いいただき

「ありがとうございました」

 

Print Friendly