10月26日の夕方です。

今日の関東地方は

日中の気温が25℃を超えました。

akibare

暑いです。でも、想定外の出来事に振り回されちゃいけないんですね。できる人達は何事もないかのように残暑に向き合ってます。そうなりたい!

 

周囲では体調を崩している方が多いです。

気温の変化にどう対応したらいいか

困ってしまう毎日が続いています。

 

季節通りじゃないと調子が出ない

本来ならこの時期は

・衣替えをする

・残り2ヶ月の過ごし方を考える

・来年の事を考える

こんな事に時間を使うはずです。

 

でもこう暑い日があると

そういう気持ちになれないです。

 

ビジネスをしてる人としては

10月は来年のプランを建てるための

とても大事な月です。

 

気温や景色の変化もそうした仕事に注力できるよう

背中を押してくれる時期です。

 

でも25℃を超える気温だと

そうした気持ちになれないから不思議です。

 

ついつい今年の夏を振り返ってみたりします。

「何かやり残したことはないかなあ?」

「もう少しできることあるかなあ?」

など、気持ちが来年に向かっていかないです。

 

人間の意志なんて大したことないですね。

ちょっとしたことに影響をされて

言い訳しなきゃいけないような事に

気持ちを持っていかれてしまいます。

 

外からの刺激で救われる

こんな意志の弱い自分を救ってくれるのは

「来年の件で相談をしたい」

「来年のスケジュールを調整したい」

など、声を掛けてくれるクライアントの皆様です。

 

こうした人達の言葉が

夏の思い出に浸りそうだった自分を

来年を考える自分に変えてくれます。

 

外からの影響を排除して

着実にやるべきことをやる人達

尊敬します。

 

夢のチカラを使う

こうした意志の強そうな人達

周囲からの影響を排除できる人達

彼らがもっているものは

 

・実現したい夢

 

だと感じました。

気温が高かろうが、低かろうが

景気が良かろうが、悪かろうが

「やるべき事を見つけただ実行するのみ」

「できるまでやり続けるのみ」

「だって実現したい事があるから」

 

こういした気持ちになれるのが

「何としても実現したい夢」

のチカラだといつも感じます。

 

「本当にそんな事できるのかな?」

と思うような事を

目を輝かせながら語る人達がいます。

そういう人達は

何でもチャンスとして捉える習性があります。

 

「少子高齢化。何かできるはず」

「マイナス金利。どう生かすか」

「市場がマイナス成長。勝てば良い」

 

こんな風に考えられる人にしてみれば

心配したり不安に感じることは

限りある時間を無駄に使っている

ことになるのかもしれません。

 

ちょっとぐらい

いつもと違うからといって

気にしているようでは

実現したいことを実現することなんて

できないということですね。

 

目の前の現実に対して

楽観的に前向きに、そして

積極的に向き合えば

何でも成長する機会にできる。

 

そう考えられるようにしたいです。

 

本日も最後までお付き合いいただきまして

「ありがとうございました」

Print Friendly