上司・リーダーの皆様!

「これから自分自身はどう成長しますか?」

「自分は何を学びどう変わろうとしていますか?」

「何について手本を示そうとしていますか?」

上司がやるべき事が変わったことを認めましょう

なぜこんな「問いかけ」をしているか?

それは上司・リーダーがやるべき事が完全に変わったからです。

・指示や命令では成果が出せなくなった

・管理しても目標は達成できなくなった

・権力に部下が従わなくなった

・部下に教える場面が減った

こんな事を感じたことないですか?

これらが通用していたのは「高度成長期」までです。

今は「多様化」「変化」の時代です。

「過去の成功を再生する時代」ではなく「新しい成功を生み出し続ける時代」です。

「指示」「命令」「管理」はパソコンやメールがやってくれる時代なんです。

上司・リーダーのやるべき事が変わったのです。

これを認めようとせず「上から目線」で「立場と権力」で部下を動かそうと思っているなら、

残念ながら「旧式上司」「昔のリーダー」というレッテルが貼られて信頼も評価も失いますよ。

世の中は変わったのです。今の時代における上司・リーダーがやるべき事をやるしかないのです。

・チームのゴールを示す

・チャレンジと成長の機会を作る

・個性とやる気を引き出す

・やって見せる

上司・リーダーがやるべき事はこういう事になりました。

「模範解答」も「成功パターン」も「前例」も通じない時代です。

どれだけ部下が「新しい事」に「チャレンジ」するかにかかってます。

その「行動」を「引き出す」のが上司・リーダーの役割りになったのです。

指示したら手本を見せましょう

ところで、上司・リーダーの皆様

「どんなことを指示していますか?」

「どんな事を繰り返し言っていますか?」

恐らくは先ほど挙げさせてもらったような事を「指示」してるんじゃないでしょうか。

(例)「新しいことに挑戦しろ」

(例)「今までと違うことを考えろ」

(例)「前例や事例を探しても意味が無い」

「指示」していること、「言っている」ことは間違っていないと思います。

では、なぜそうならないのか?

・上司・リーダーがお手本を示さないから

部下は「指示」通りに動かないのです。

長年苦労してやっと手に入れた「課長」「部長」「支店長」という立場

なぜか多くの人は目指していた立場を手に入れた途端に

・成長意欲が低下します

・自分自身は変化することを止めます

・自分に対して保守的になります

部下には「新しいことを」とか「変われ」と言いながら、自分は「現状維持」に走ってしまいます。

これではうまく行きません。

・変わるには勇気がいります

・失敗は怖いです

・できれば人を真似したいです

でも「部下」に「変わること」を「挑戦すること」を「指示」したのです。

部下は何を期待しているでしょうか?

「やって見せてくれよ」

これを上司・リーダーに一番期待しています。

「有言実行」でないと「信頼」と「尊敬」は手に入れられない時代です。

・「指示」したことを「やって見せる」

これは昔から言われ続けてきた上司・リーダーの本質的な機能です。

「やって見せる」内容が変わったのです。

ビジョン作りを活用すれば変わり続けられます

部下が一番みたい「お手本」は

・変わるという行動

これが見てみたいのです。

上司・リーダーは「変わってみせる」必要があるんです。

「チャレンジ」して「成長」して見せないとダメなんです。

どうやればできるの?

その方法のひとつが

・毎日「人生のビジョン」を考える

というやり方です。

vision (2)

上司・リーダーこそ挑戦して変わり続けなくていはいけな時代です

やり方自体は簡単です。たったひとつの「問い」に答えるだけです。

「自分はこれから何ができる人に成長するのか?」

この「問い」に毎日、毎日、考えて答え続けることです。

嘘みたいに感じるとは思いますが、やってみてください。案外大変ですよ。

人は毎日何かを経験しています。

だから「朝の自分」と「夜の自分」は「違う自分」です。

「朝の自分」が見ていた「将来の自分の夢」は「過去の夢」です。

「夜の自分」に適した「将来の自分の夢」を描き直さないと「成長」できなくなります。

「実現できるかどうか?」ではなく「どこを変えるのか?」が大事です。

(例)50歳でゴルフの大会に出る

こんな「ビジョン」で大丈夫です。本気でそう思っているなら。

そのための「行動」を起こし、夜にもう一度考えて下さい。

(例)50歳でゴルフの大会に出て、51歳で優勝する

こんな風に「ビジョンを書き換えて」行ってください。

今日一日分成長した自分にふさわしい「新しいビジョン」を毎日考えてから寝る。

この習慣で「お手本」を示せるようになります。やってみてください。

今日のまとめです。

・時代は変わりました

・新しいことへの挑戦が欠かせません

・上司・リーダーは「挑戦」して見せるのが役割りです

・毎日「ビジョンを書き換えて」から寝ましょう

「指示」したら「手本を見せる」ことを忘れないようにしましょう。

本日も最後までお付き合いいただきまして

「ありがとうございました」

Print Friendly