ウィンブルドンが始まりました。

錦織圭選手の二回戦が終わりました。

結果は3-1で勝利!

ただ、その勝ち方に強さを感じました。

ファーストセットは明らかにJ・ベネトー選手の方が良いプレーをしていたと思います。

でも、その時の錦織圭選手の余裕に驚きました。

tennis

今年のウィンブルドンでの錦織圭選手は強い

これは私の勝手な推測ですが、恐らくは無理に逆襲はせず省エネでどこまで行けるか確認していた。

そんなプレーに見えました。

腰の怪我の状態も含めて、自分を総合的に判断した結果として無理の無いプレーで勝ち上がる方法

それが昨日のプレースタイルだったんではないでしょうか。

全仏オープンでは自分のミスショットを悔やむような表情が次のプレーまで続いていたように感じましが

今回はミスを全く気にしていないように見えました。

多分ミスでは無いと切り替える考え方をしていたのでしょうね。

試合に対する考え方を事前にしっかりと整理していたように思えます。

できればストレートで勝ちたいけれど、セット数以上に勝つスタイルを貫いて勝つ。

最初から最後までサーブも抑えめ、ショットもコントロール重視、体に負担を掛けずに勝つスタイルを取る。

そんな感じだったと思います。

「最低でもベスト8」

という大会前のコメントが錦織圭選手からありましたが、

本音は「優勝」、少なくともジョコビッチ選手との再戦を目指しているはずです。

長い大会を戦い切るためにプレースタイルを変化させられるようになった錦織圭選手。

芝は決して得意ではないと言いながらも、自信を感じます。

今年のウィンブルドンは寝不足を覚悟で絶対に見落とさないようにしたいです。

歴史的な瞬間がやって来る可能性があります。

明らかに進化した錦織圭選手がリオ・オリンピックの前に何かをやってくれるかも。

本日も最後までお付き合いいただきまして

「ありがとうございました」

Print Friendly