惜しかった!

昨晩というか今朝、BSで錦織圭選手とナダル選手のバルセロナ・オープン見ました。残念ながら、本当に残念ながら錦織選手のV3はなりませんでした。

この試合、両選手のストローク戦は迫力があり、眠気を一度も感じることなく試合修了まで魅了される形でみてしまいました。(今、眠いです)

結果は0-2のストレート負けですが、試合内容は互角以上で何でこんな結果なのか不思議なくらいです。

素人の感想ですが、試合全体としては錦織選手の方が良いプレーをしていたように感じました。ただ、ここ一番のナダル選手のサーブやダウンザラインへの攻撃的ストロークは完璧でした。勝負どころで決められたか、ミスをしたかの差が完全に勝負を分けたように思いました。

tennis

錦織選手、次はがんばって

考え方の差か

仕事がら、ついつい二人の選手の行動を観察してしまったのですが、ここには大きな違いがあったように自分には見えました。

ミスをしたり、大事なポイントを奪われた後の行動に違いを感じました。

「ナダル選手」

 ・次のプレーに向け早足でベースラインに向かう

 ・ブレイクされた後の小休止後は走ってコートに戻る

 ・一瞬「イラッ」としてもすぐ表情が戻る

「錦織選手」

 ・うつむきながらゆっくりとベースラインに向かう

 ・ブレイクされた後、ベンチで下を向いて考える

 ・「イラッ」した後ラケットを投げるしぐさなど尾を引く

苦しい時に、「すぐに取り戻すことを考える」か「失敗した要因や他の選択肢があったかを考える」違いがプレーに影響していたように見えてしかたがないのですが。

個人的には、いいプレーをしたのに相手にポイントを奪われた時の錦織選手の悔しくも残念そうな表情が好きなんですが、トップレイヤーに勝つとなると、素早く「次のことを考えて」失ったものを倍にして取り返す「考え方」をいつもしている必要があるのかもしれませんね。

ナダル選手の動きには本当に驚きました。追い込まれれば、追い込まれるほどに集中力を高めて、得点を狙いに行く姿、恐ろしく見えました。

次は勝てるぞ

でも、繰り返しますが全体的には錦織選手の方が良いプレーをしていたと思います。今度対戦した時はきっと勝ってくれる信じています。

だからこそ、ミスをしても相手に大事なポイントを奪われても、それをプラスに変える「考え方」をしてもらえたらなあ。

こんな自分の推察、当たってるとは思えませんが、素直に感じたままを書いてみました。(日記ですから、という言い訳で)

錦織圭選手、今度は勝ってください!

Print Friendly